つれづれなる日記

主にSteam関連の面白い海外ゲーム紹介&プレイ中のゲームブログ

STEAMゲーム:ついにRimWorldが正式版に。

ちょくちょくプレイしては記事にしていたSteamで販売中、アーリーアクセスだったRimworldがついに正式版になりました。価格はEA中は3000円が公式の発表通りセールは一度も無しのまま3600円と比較的抑えめの正式価格になったようです。

 

あと、公式…といっても公式が有志翻訳を取り込む形で日本語に完全対応してます。ただMODを入れると関係なさそうな部分も英語に戻ってしまったりするので注意です。

f:id:hiirosou:20181019001148j:plain

 

このRimworldですが、未だに驚くのは、このRimworldは本体の容量が260メガ程度しか無いということ。容量10ギガも20ギガも圧迫しておきながら微妙な内容のゲームが多い中、このサイズで自分が知っている限りSteamでも最高レベルでユーザー評価が高く、近年になる度、どのゲームでも強迫観念並に実装される不要なオンライン要素が一切無くこれで実際に面白いわけなので、面白いゲームとは何なのか色々と考えさせられるゲームでもあります。

 

正式版になって1日経たずにこれだけのMODが正式版に対応してくれてました。

f:id:hiirosou:20181019001437j:plain

ほとんどの有名MODが正式版に合わせて即対応、もう大体有名なMODの大半は対応してくれているので、過去とほぼ変わらない環境でプレイ出来ています。

このゲームのMODは足りないと思う部分を補ってくれるものが多く、ゲームバランスは変わらず操作が楽になる系も充実しているので、こういったMODメイン導入も有りだと思います。 

 

 

Rimworldはどういうゲームかといえば、自分は「理不尽と戦って生き残るサバイバルゲームと思ってます。

冷凍冬眠から冷めた主人公が辺境の惑星に落ちたところからゲームが始まるわけですが、その主人公達にありとあらゆる理不尽が降り掛かってきます。

惑星を脱出するためにコロニーを作って生活を始めますが、襲撃に来る様々な敵はもちろん、病気、疫病、天候、気候、あらゆる要素がプレイヤーを本気で殺しに来ます

 

普通なら発電機が出来て電力確保したら純粋な技術進化になるのですが、Rimworldでは、太陽フレアという電力を完全に停止させる気候があって電気に依存しているほどひどい被害を受けたり、電線を引けばそれが爆発して家内部で大惨事が起こるなど、とにかく楽させてくれません。

 

懐かしの電線爆発大惨事画像

f:id:hiirosou:20181020161453j:plain

 

ある程度慣れてきたら普通に生活できるようになりますが、それはプレイしているプレイヤーが色々な災害に対する知識を得て回避出来ているからであって、初心者はまず全滅するしかないような難易度です。

 

難易度はストーリーテラーというAIによって調整されており、例えば入植者が倒れたらその度に災害の規模レベルが下がる。敵を余裕で撃退し続けたり資産を溜め込むと襲撃が激しくなっていくといった感じにプレイヤーを生かさず殺さずの絶妙な難易度で締め上げてきます。この絶妙さがユーザーに評価されている大きな部分だと思います。

誰でも体験したことあると思いますが、一見安定してそうに思えても、このAIの気分一つでピタゴラスイッチみたいに上の画像のようにあっさり壊滅するので、笑ってロードするしか無い自体が起こる、そういう面白さもあります。

 

 

あとは過去の記事にも書いてますが、プレイするたびに全く違った展開が待っているリプレイ性の高さが何度でもプレイできる大きな理由です。

加えて有志が公開しているMODによって大きなシステムの変更、便利なシステムに難易度、フレーバー要素まで何でも追加できるので、いつまでも遊べると言っても過言ではないゲームと思います。

 

おそらくまだ数年はセールはすることは無いはずなので、気になった方は一度プレイしてみるか、ニコニコ動画にも面白い動画が色々あるので見てみるのをお勧めします。

グランブルーファンタジー プレイ始めて1年。1年間のサプチケまとめ。

今プレイしているネトゲ(ソシャゲ)はグランブルーファンタジー1本のみですが、グランブルーファンタジーをプレイしてちょうど一年が経過しました。

 

最初はつまらなかったらプレイ続けるつもりはなかったんですが、気づけばどっぷり。サプチケ全課金しつつ十天衆3名を最終するくらいハマってしまったわけです…。

f:id:hiirosou:20181016112903j:plain

エッセルとソーンはヒヒ2個コース。今後は1個コースで進める予定でサラーサもようやくLv100になりました。次回古戦場でウーノ最終。その後素材溜まり次第ニオ最終予定。

 

グラブルのプレイが続いた理由の一番大きな理由は、とんでもない大盤振る舞いだと思います。年末年始や4周年の無料100連や定期的な半額キャンペーン。今までプレイしてきたネトゲ・ソシャゲ系は、まぁ、ケチ臭いのが多くて課金するのも躊躇われる位だったけど、グラブルはこれだけ大判振る舞いしてくれるならサプチケ位毎回課金してもいいかなって感じです。あとは統一感のあるレベルの高いイラストとBGMが結構ドストライクだった感も。

 

重要な所がレスポンスの良さ。ブラウザベースなので即プレイ可能な快適さは本当に素晴らしいと思います。よくあるソシャゲはプレイしようとするとアップデートやらダウンロードやらで待たされるのがほとんど。面倒だからいいやってやる気が失せていくので、いくら凝ったゲーム作ったところで毎日プレイさせるのが前提のソシャゲで毎回ロードだらけでユーザーにストレス与えていたらやる気が無くなっていくという重要な部分を今更ながら実感しました。

 

あとはプレイしていればちゃんと強くなっていく(逆にいくら金を掛けてもすぐに強くなれない)ため、武器を並べるシステムなどは複雑ですが、すこしずつ理解して強化していけば誰でもそれなりの強さになれる所がきちんとソシャゲしていて良いと思います。まったく歯が立たなかったマグナを確定流し>ソロ討伐出来るまでの過程はソシャゲのお手本レベル。

 

定期的にきちんと行うイベントも毎回ちょっとした読み物読んでいるみたいで面白いです。コラボはまぁ…知っている作品なら嬉しいし、知らなかった作品なら色々知れるんで良いと思います。

ただ、毎回シナリオに色々ツッコミどころ(前回の3姉妹イベントなら、主人公が護衛で雇われているのに全く護衛出来ていなかった。前々回のツバサイベなら暴走族も悪くないとかビィに言わせていたけど、暴走行為は迷惑行為そのもので美化は絶対していけない等)があって、もうちょっとしっかりした脚本家にしたほうが良いのでは…と思ったりしてます。

 

駄目な点としては、ソシャゲなのに昔のMMO並に異常なほどの周回を求められる。ただ、異常なほどの周回できるだけのAP回復薬が手に入るので、一概に駄目とは言えない所ではあります。しかし、マルチは早押しのリロード地獄ゲームになっており、画質を最低にしないとまともにプレイ出来ない。特にマグナ2は色々気違いじみていてまともな思考してたらやれないと思います。とにかく正気では周回不可能なマグナ2にユーザー楽しませる気が無い面倒なだけのアーカルムなど運営自らユーザー減らしている感あって心配です。あとはツールに関してもだんまり決め込んで放置したのがかなり致命的だったと思います。

 正直、マグナ2の正気とは思えない設定とそのせいで増えた自動ツールが暴れていた時はグラブル辞めようかなと思いました。結局辞めませんでしたが、この時辞めてしまった人も相当数いると思います。

 

 

それで1周年のまとめとして、1年間サプチケで何を取ったか書いてみます。

 

開始直後のスタートダッシュ:ヨダルラーハ+10月サプチケでサラ。ちょうどサプチケ開催中でスタダ合わせて2キャラ。どちらも初心者のために存在するようなキャラです。

グラブル開始当時は飽きたら即止めるつもりだったので、当初は月末レジェフェス(グラフェスは11月以降から)でアカウント取リ直してスタダで水着ゾーイ取れとかネットで書かれてたけど気にせずプレイ。水着ゾーイ自体は8月に無料天井の過程でゲット。
ヨダはグラブルをやるならまず最初に欲しいキャラ。ヨダ無しで最序盤の育成はかなり辛いと思います。
サラちゃんは9月の調整で強くなって初心者ならどの属性でも盾キャラとして活躍出来る性能で初心者にはさらに頼りになるキャラに。
 

 12月サプチケ:パーシヴァル。

火の戦力になるSSRキャラがいなかったので取得。グラブル界の最イケメン。男から見てもイケメン。しかし、サプチケで男は結構テンション下がるので、今後は絶対取らないと誓う。

1月サプチケ:レナ

年末年始の無料ガチャで一気にキャラが充実。サプチケ候補だった土レフィーエに闇ジャンヌもこのときゲット。

今後の高難易度クエを考えて回復キャラがまったく居なかったので蘇生も可能なレナを取得。風パの長期戦に欠かせないキャラになるが、蘇生の方はあまり出番なかった…。

3月アニバーサリー:水着ベアトリクス

とんでもないバ火力で火パーティの要。アホの子かわいい。 

5月サプチケ:火ユエル

 火のメイン回復キャラ。結局火SSRはガチャではほとんど揃わず、パー様、水着ベア、ユエルのサプチケ3名で埋まることに。この頃は最終エッセルは戦力にはならず…

8月サプチケ:トール(召喚石)

いつか行くであろう高難易度用にはもちろん、最終したソーンの麻痺成功率上げる重要なパーツになるため。 

 

番外:8月で無料で貯めた天井をして途中で水着ゾーイ+天井交換でゴッブロを入手。ゾーイスキンを購入したゾイ。

 

10月サプチケ:実はかなり欲しかったジャンヌ。ようやく戦力より趣味キャラ選べる所まで来ました。

f:id:hiirosou:20181016104054j:plain

戦力的にはセルエル王子一択なのは分かってるけど、ただでさえフロントが男キャラで埋まっていく今日、可能な限り男は入れたくないのでもう二度と男キャラはサプチケで取らないです。

光ジャンヌは剣の使い方思い出してくれたらスタメンもありえるけど、今ではもうスタメンにはちょっと…な感じ。オメガ剣ブルーファンタジーの弊害は大きい。

 

計算してみたら3万位課金してますね。それでも3万でこれだけキャラが揃って遊べるソシャゲは他に無いと断言できるので、まぁそこそこ満足してます。

 

Steamゲーム:Conan Exilesがセール中

10月11日現在、3日間だけConan Exilesが50%セール中。

当初はあまり興味なかったんですが、某Youtuberの有名実況者が配信しているのを見て、結構面白そうだったからセール来たら買おうかな…>即セールが来たので購入。

なお、PS4のコナンアウトキャストは名前が商標に引っかかりそうなので名前を変えた同じゲームです。規制関係は日本内で販売しているので当然あります。海外版であるPC版も公式で日本語化されており、PC版がプレイできるならこっちで良いよねという感じ。

 

大まかなデザインはARK:SEほぼそのままで、恐竜の代わりに怪物と人間と戦う感じでした。

f:id:hiirosou:20181011063404j:plain

基本は生身で戦って、武器を持って戦うアクションはちょっと凝ってます。でもその戦闘アクションは荒削り…というかアクションゲームとしてみたら落第点レベルなので、期待しないほうが良いです。

 

 評価としては良いところも多いけど、悪いところも同じくらい多いという感じ。悪いところはその気になればすぐに直せそうなのが多いのに放置されたままDLC出し続けているのが印象悪くて低評価多いんでしょうね。 

そしてこのゲーム 一番の問題はあらゆる要素に関しての説明不足

ネットで調べないとまともに分からないことばかりなので、このゲームするにあたって一番大事なのはネットで調べる根気だと思います。

  

 

世界観は蛮族同士が戦うファンタジー世界で、半裸で普通に倒した人間を食料にしたり奴隷にしたりと中々にクレイジーな世界観です。

 

このゲームの大きな特徴として、棍棒で気絶させた敵を矯正施設へと連行して、自分の奴隷にすることができます。

f:id:hiirosou:20181011111434j:plain

気絶させた敵を矯正施設まで紐で引きずっていくなかなかにひどい絵面。奴隷とは別に最近のアップデートで動物のペットも育成できるようになったらしいので楽しみです。

 

 冒頭に出てくるこの人は有名な映画コナン・ザ・グレート(主演シュワちゃん)なんかに出てくる英雄コナンその人のようです。

f:id:hiirosou:20181011065254j:plain

 

自分はMinecraftやARK:SE、7 Days to Dieなどをプレイしてるので慣れてますが、サンドボックスゲームの常として、ゲーム開始すると世界に放り出されて何をしたら良いのか分からないので、初めてプレイする人は最初は戸惑うことばかりだと思います。

 

色々やっていればそのうち色々出来るようになるんですが、サンドボックスゲームは文字通り製作者が用意した砂遊びゲームで、自分で遊び方を見つけられないとやることがないので、評価が分かれるのは仕方ないと思ってます。

 

それでも色々なマゾ度はARKよりかは緩いので、リアル寄りサンドボックスゲームとしてはARKよりかはお勧めできそうな感じ。まだまだアップデートで色々新要素追加されているみたいで、まだまだ進化していきそうな感じです。マルチプレイもARKよりかは殺伐としてなさそうでオンラインも良いかも知れないです。自分はローカルでソロプレイですが。

 

非常に良いシステムと思ったのは壁よじ登ぼりシステム。

f:id:hiirosou:20181011111323j:plain

落下中も壁にしがみついて落下死を回避できたり、敵に追われた時によじ登って逃げたり、行けそうに思えない高所にも行けたりで非常に可能性の大きい良いシステムだと思いました。

 

 

建築システムはほぼARKそのままだけど、ARKよりやりやすくなっている感じでした。

f:id:hiirosou:20181011064022j:plain

 屋根の上に届かない…よじ登ればいいんだ!という感じでよじ登りシステムは建築でも大活躍。

 

自分は当然の如くローカルでソロプレイ。便利なMODも沢山あるので便利系MODを入れて気ままにプレイしてます。画面右上のミニマップもMODですね。

 

 

とにかくびっくりしたのはマップが広大な所。

f:id:hiirosou:20181011064222j:plain

移動手段は基本的に徒歩のみなので、全部見て回るのにはどれくらいかかるのか…MODの力を借りて頑張ろうと思います。

Steamゲーム:7 Days to Die 大型MOD War of the Walkersでプレイ その②

Steamで何か色々買った気もするんですが、気づけば7Days to Dieばかりやっています。

 

前回の記事で紹介した大型MODのWar of the Walkersが中々自分には絶妙に合っているようでMOD要素が新鮮で楽しくプレイしてます。

大体何をやっても経験値貰えるみたいで、気づけばLv100越えてました。

f:id:hiirosou:20181006152825j:plain

 

い つ も の

 

もはや恒例になっているコンクリ建築ですが、War of the Walkersではコンクリートは二種類あって、こっちのはランク高い方です。これを使うには建築スキルを60にしてスキルを取る必要があって、なかなか大変でした。

 

War of the Walkersの現在バージョンには14日毎にフェラルホードが来るバージョンがあって、一日の設定が60分未満だと7日毎は忙しすぎるので14日バージョンにするのもいい感じでした。フェラルホードは夜の間最後までみっちり来るので、事後処理がかなり大変です。 一日が90分なら7日がちょうどいい感じに思います。

 

 

迎撃トラップでは、オリジナルのほぼゾンビを足止め出来る面白いトラップがありました。

f:id:hiirosou:20181006153239j:plain

これでゾンビを足止めして撃ち放題(アイテム回収出来るとは言ってない)

 

今まで使うまでに飽きてしまったオーガーも、War of the WalkersではLv100越えてもまだまだ終りが見えないのでドリドリして素材集めてます。

f:id:hiirosou:20181006153427j:plain

ものすごい勢いで素材あつまって感動。

 

料理もかなり充実していて、ゲームで飯テロされそうな感じで色々な料理があります。

f:id:hiirosou:20181006153416j:plain

パイにスープにシチューにサンドイッチなど非常に豊富。

 

野菜や果物が増えているので。屋上菜園もちょっとだけ見栄え良好。

f:id:hiirosou:20181006153612j:plain

 

 

スキルポイントが本当に足りないので、5日たびに更新される専用クラスベンダーで節約のためスキル本を買ったり、繰り返しクエストを手に入れてスキルポイントを得るのが本当に重要。

 

 

Steamゲーム:7 Days to Die 大型MOD War of the Walkersでプレイ

バージョン17が来そうで来ない7Days to Dieですが、定期的にプレイしたくなるので今回は大型MODの「War of the Walkers(ver5.3)」を入れてプレイを始めました。しかし、このゲーム昔定価で買ったんですが、どれだけ遊べるんだって言う感じで本当にお買い得でした。

f:id:hiirosou:20180927211110j:plain

MODではユーザーメイドの手の混んだ建物が数多く導入されており、街も沢山生成されて見慣れない建物だらけで新鮮な気分で探索が出来てます。この巨大船は船首部分にワークベンチやケミストリーステーションがあって、どっちも自分で製作するのは序盤には辛く、まさに序盤の拠点にどうぞという感じなので拠点にしてます。

 

MODの導入には、「The 7D2D Mod Launcher」という非常に便利なMOD導入ソフトが製作されており、これを使うことで簡単に導入出来ました。このランチャーはMOD別にゲームデータを別々に複製して動作するので、色々なMODが同時に試せるのが大きな売りです。ただし、セーブデータの場所は基本は共通なので、違うMODで作ったワールドを読み込むとワールドが壊れる可能性あるので、複数MODを同時にプレイするときはロードするワールドに注意してください。

 

有名どころの7DaystoDieのMODは色々あって、RavenheastとStarvationも試したんですが、難易度高すぎて断念しました。要素は面白そうですが、それ以上の面倒臭さ(休息や洗浄が必要。明らかに歩調が合ってないとんでもない高速移動&超異次元パンチ)が勝ってしまってのんびりプレイできそうではなかったです。夜は引きこもるしか無いし、どこにも街がなく、遠出して見つけるぞーと夜明けに出発したら「風邪を引いてスタミナが減少中!」でまともに行動出来ないとかマジふざけるなって思いました。理不尽なゲームするならまだRimworldの方がマシじゃないかな。

 

War of the Walkersは、ひどい異次元パンチも無く丁寧な調整で難易度が一番自分に合っていました。ゾンビもあまり走らず控えめなのも良し。と言っても、湧くところはうじゃうじゃ湧くので結構戦闘は多いです。名前にフェラル付いているゾンビ以外は夜でもほとんど走らないのが良いです。

追加要素も面白いものばかりなので、このMODに落ち着きました。正直、非常に良い出来で、2000円の有料DLCと言われても違和感無い位です。

 

その中で一番気に入った理由は

f:id:hiirosou:20180927212014j:plain

ヤケクソじみたイベントリの大きさ。ミニバイクのカゴもとんでもない容量で、ものすごく快適です。本当に快適です。

 

キャラの強さはレベルに関係していて、ほとんどのスキルがある一定レベルにならないと取得出来ず、レベルアップによって段階的に強くなるのでRPGみたいな感じです。スキルによる制限がかなりきついので、序盤はほとんど何も作れないですが…。

例えばアイアン製のツールはLv50でようやく解禁。Lv50の段階ではアイアン製は品質100。でも、下位のスクラップ製ツールの品質500より性能が高い、みたいな感じです。スチール製のツールを作れるのはなんとLv100でLv150ではタングステン素材のツールが作れます。

 

レベル自体はそこそこ上がるのでまったりプレイしていれば到達すると思います。

f:id:hiirosou:20180927213358j:plain

街を探索していると、ベンダーがズラッと並んだショップを発見することがあります。大体1つの街に1個だけど、街(建物が集合する地帯)の生成はかなり多いので、結構簡単に見つかると思います。色々なものを買えるので、トレードの重要性が一段と上がってます。

 

War of Walkersではクラス目標みたいなものが存在しており、現在バージョン(5.3)ではゲーム開始時にどれか一つのクラスを選ぶわけではなく、クラス別達成目標がクエストとして登録されていて、好きな時に好きなように達成していく感じです。

エストは5段階あって、最後はどれもクラスフラグメントを5つ集めてクリア。クリアすればクラス別の非常に便利なベンダー(自動販売機)が貰えます。

 

レベル上げ、スキル、探索すべてが強化されており、無印にはなかった色々な建物が本当に多くてボリューム盛りだくさんで、バージョン1.7来るまでこれで遊べそうです。

 

中にはこんな建物も。

f:id:hiirosou:20180927215928j:plain

f:id:hiirosou:20180927215946j:plain

4隅に建っている塔(ゾンビうじゃうじゃ)からは伝説っぽい近接武器が手に入りました。 

 

たまにこんな敵が出てきてビビリます。

f:id:hiirosou:20180927220233j:plain

目指すはレベル100! 結構あっさり行ってしまいそう。

グランブルーファンタジー アプデでエッセル強化&ウーノ加入

9月中旬、四象降臨で予想外のクロム鋼追加でヒヒイロが取れたグランブルーファンタジー。今はウーノを仲間にして最終予定です…次の古戦場待ちですが。

 

9月25日の調整で、ようやく最終エッセルが普通にフロントに入っても良いかな状態になって常にトレハン打てるためトレハン教の自分としては嬉しいですが、それでも火力として考えると現状の火オメガ剣PTでは剣得意キャラが揃いも揃って強いため、ギリギリ及第点な強化でした。

エッセルはオメガ剣の効果無くても十分&10ターン後に確実にフル火力4アビ使える様になって強いことは強くなったんですが、他の十天と比較したらやっぱり控えめ感があります。強化するならもうちょっと強くても良かったと思うんですが…。

 

現状、火はオメガ剣頼りなので、これを卒業するにはアグニスにするしかないかな…と思ってます。幸いアグニス自体は持っているんですが、アグニス用の金剛がないので来年じゃないと無理ですね。

 加えてエッセルはエルーンなので、バハ武器の都合でドラフ種族が編成しづらく。この辺を解消するにはやっぱりアグニスでアテナ剣しか無いのか…な感じ。イクサバ1本あるので形にはできそうだけど、金剛無いので来年以降。

 

あとはアーカルムに金剛が追加されていたので、サンをSSR化しました。

f:id:hiirosou:20180926032441j:plain

 

デビルかサンのどちらかが今すぐに上限解放出来るんですが、他の素材的に古戦場までにはどちらかだけ。

f:id:hiirosou:20180926032725j:plain

性能だけを考えればサンだけど、今年中に来るはずのアーカルム賢者が上限解放必須なら間違いなくデビル優先なので困った感じで保留中です。

 

 

あとはウーノ解放しました。

f:id:hiirosou:20180912211038j:plain

 

最終すれば水PTにおいて最強と名高いウーノですが、アルタイルがほぼ固定なので、段々と野郎PTになっていくのが悩み。強くなるのは良いけど、違う意味でモチベが削られて辛いです……。

Steamゲーム:Green Hellが日本語対応

過去の記事でも少し触れましたが、Steamで絶賛EA中のGreen Hellがなんと公式で日本語に対応したので、記事にしておきます。

f:id:hiirosou:20180920164321j:plain

見た所、おかしな日本語は無く翻訳の質は高かったです。

 

ゲーム自体の詳しい記事は過去にも書いてますが、アマゾンの奥地で本格サバイバルをするゲームです。

 

ただ、かなりハードなサバイバルゲームで、初めてプレイしたら大体の人が歩いてたら、突然蛇に噛まれたり毒グモに噛まれたりサソリに刺されたりして死ぬゲームで、ある程度慣れてくると今度は空腹や栄養素の減りがかなり早いので、飲水と食べ物を探して彷徨うゲームになってしまいがち。包帯の材料になる植物が3%排出SSレア並に見つからないので、一箇所でも怪我したらアウトという感じになっていてオワタ式な状態。現実でもそうなるだろうから、一概に悪いとは言えないですが…

 

ちなみに、拠点を作るなら洞窟内がお勧めです。このゲームは雨が本当に多くて焚き火で肉が焼けない問題が多発します。これはもう洞窟内で焚き木するしか解決法が無いので、頑張って洞窟を見つけて、そこを拠点にしましょう。

 

肉を狙うなら槍が便利です。槍は石ナイフ(石x2)+棒+ロープで作れ、マウスの中ボタン押しっぱなしで投擲が可能。溜めれば狙いを定めることが出来て中サイズ程度の動物なら当てれば一発、魚は普通に刺せばそのまま捕れます。序盤弓が無くてもいいので是非槍を活用しましょう。

 

まだ色々なアップデート予定がありゲーム性も調整されて良くなると思うので期待しています。何度も死んでいるとそのうち生き残れるようになので、そうなるとまた色々と出来ることが増えてきます。

 

グラフィックは本当に美しいので一見の価値ありです。

f:id:hiirosou:20180920164735j:plain

現状はまだストーリーモードは未実装。ひたすらサバイバルしかなく生き残ることだけが目的ですが、最終的にはマルチプレイに対応する予定だそうです。

 

最初にチュートリアルがあって、それで基本的なことは学べるので、その後はアマゾン奥地を見学する感じになると思います。

f:id:hiirosou:20180920164817j:plain

色々と放棄された建物があり、そこで新アイテムをひろうと新レシピが解禁されたりするので、新しい建物を見つけたら今後のためにコンパスの座標をまとめておくと便利だと思います。