つれづれなる日記

主にSteam関連の面白い海外ゲーム紹介&プレイ中のゲームブログ

STEAMゲーム:Subnautica 正式リリース後再プレイ。最序盤のアドバイス。

STEAMゲームでアーリーアクセスからついに先月正式リリースしたSubnauticaですが、公式で日本語対応したこともあり、再びプレイしてます。


またこの恐ろしい海に帰ってきちゃった…。
過去に何度か紹介してますが、やはり今までになかったジャンルで非常にアイデアが素晴らしいゲームです。翻訳がよく出来ていて、読み飛ばしていたPDAのログもじっくり読んで進めてます。やっぱりログが日本語なのは良いですね。少し進めましたが、オーロラ号までの道でシーリヴァイアサンとの遭遇率が落ちてプラウンスーツのフラグメントがオーロラ号だけで揃ったりとちょっとだけ優しくなっているようですね。

あとは、アーリーアクセス時と比べて大分動作が軽くなったとはいえ、やっぱりそこそこのパソコンが無いと快適動作は厳しいと思います。我が家のスペックでも結構重いです。


正式版になったものの、やっぱり序盤説明無し投げっぱなしは相変わらずのようで、このゲームはシーモスを作って酸素の心配なく探索できるようになってようやく落ち着いてゲームが出来る(それまでは酸素と海の恐ろしさにビビり続ける)ので、ここまで辿り着けるチュートリアルは個人的には必須なのではと思ってます。

なので本当の序盤の立ち上がりに関して攻略を書いておきます。


最初は故障したライフポットの中から開始するわけですが、そこにあるファブリケーターで基本的なものは全て作れます。

それで最初から順番にするものは、

  1. 酸素ボンベを作る。
  2. フィンを作る。

ここまでがまず基本です。まず酸素ボンベがないと酸素が続かずまともに海にもぐれないので、真っ先に作るものになります。フィンもないと海中での動作が遅すぎるので早めに作りましょう。

必要なチタニウムや銅鉱石は、地面にぽこっと出ている石灰岩を破壊することで手に入りますので、ガンガン殴りましょう。特に多量に必要になるチタニウムは、海に落ちている拾える船の残骸をファブリケーターで分解することでも手に入ります。この船の残骸は無限に湧くようで、資材取り尽くして見つからないということは起こらないと思います。
フィンに必要なシリコンは、ちょっとだけ遠出したら生えているワカメみたいなのの発光している種子から作れます。

この種子とワカメ自体は別素材で、ワカメはナイフ右クリックで切り取れてファイバーメッシュの素材になります。

当然プレイしているとお腹が減って喉も渇くので、魚を手で捕まえてファブリケーターで調理。水は地面に落ちている塩と巨大な珊瑚オブジェクトをナイフで切りつけると手に入るコーラルで漂白剤を作り、これから水が作れます。どうしようもない初心者であればまだ死んでアイテムロストしても痛くないので、最悪死んでリスポーンするもの手です。


その後

  1. スキャナーを作る。
  2. ナイフを作る>先述のワカメなど特定の素材に必須。斬りつければ小型なら殺せる。
  3. リペア(修理)ツールを作ってライフポットを修理>通信が入るようになる。シーモス修理にも必須。
  4. フラッシュライト(照明)を作る>これがないとまともに探索できないので必須。

スキャナツールはこのSubnauticaで最も重要なツールで、これがないとクリアが不可です。Subnauticaは重要アイテムのほとんどは海に落ちている残骸をスキャナツールでスキャンすることで製作可能になるため、スキャンが必須になります。


大半のものは1回のスキャンでは製作不可能で、2〜3回スキャンしてようやく作れるようになります。製作可能になった後の残骸はスキャンするとチタニウムx2になります。


ということで、序盤はスキャナーを作り、海底を見て回ってスキャン可能な残骸(フラグメント)を見つけたらスキャンしていくのが基本になります。


その後は、拠点製作のためにビルダーを作り、基礎1つの上に通路モジュールとハッチ、ソーラパネルで酸素補給可能な拠点が作れるので、ここから始めると良いと思います。

MinecraftやARK:SEほど自由な建築は出来ませんが、結構色々出来ます。しかし、一番大事な建築物である多目的室(広い部屋)がフラグメントで回収必須なので最初は作れないのが辛いところ。次回に回収方法書きたいと思います。

シーグライドという推進機みたいなもの存在するのですが、作れるようになれば作るのをオススメします。しかし、自分はなぜかいつもシーグライドよりシーモスのほうが先に開放されるので、シーグライドを作ったことが未だかつてなかったりします。


そしてフラグメントを集めると色々なものが制作できるようになるので、行動出来る範囲で色々作っていけば徐々に行動範囲が広がって、いずれシーモスという小型潜水艦が作れるようになります。シーモスが作れれば一気に行動範囲が広がるので序盤は終了といったところです。


シーモスパイセンの頼もしさは異常。

抱いて!