つれづれなる日記

主にSteam関連の面白い海外ゲーム紹介&プレイ中のゲームブログ

ARK:Survival Evolved TEK洞窟クリアでエンディング到達

ARK:SEでは、ついにエンディングまで到達しました。長く苦しい戦いでした…ゴリラとドラゴンは群がって噛み噛みさせればあっという間でした。ローカルでシングルプレイヤー用の緩い設定とはいえ、それでも延々とソロプレイでエンディングまで到達できるプレイヤーは早々いないだろうと思います。


最後のTEK洞窟に関しては、全く情報が無かったので、ちょっとズルいとは思いますがバックアップを取って何度か下見しました。というか入ったらクリアしないと脱出無理で、かつ初見殺し満載な仕様です。溶岩の中にあるので暑さ対策していくのは当然ですが、その後ボス手前のエリアになると突然−28度の極寒になり、毛皮装備なければ凍傷が耐えられなく、メディカルブリュー飲んでも回復が効かないので死ぬしかない状態になるのは流石に酷いと思いました…。


まず、トロフィーは消費しないので3ボスのトロフィーあれば何度でも突入可能でした。

何度か下見した結論はソロでクリアは100%考えられてない洞窟でした。むしろ、ソロでは絶対クリアさせない意志があるとしか思えないものでした。

その理由はただ一つ。
最深部への道は落ちたらアウトの溶岩の上にある細い通路だらけで確実に自動追尾では恐竜はすべて溶岩に落ちて最後まで辿り着けないからです。人間が乗って操作できる1体+小回りがきいて足元に引っ付いてくる1−2匹を無抵抗でついてこさせるのがおそらくついてこれる限界です。だからと言って小型で行こうとしたらミクロラプトルとプルロヴィアにぼっこぼこにされるので大型で行くしか無いです。追尾させている恐竜は反撃させると勝手に落ちていきます。無抵抗でも敵のノックバックで落ちます。ティラノサウルスのように巨大で旋回が悪い恐竜はことごとく溶岩に落ちて焼け死にます。

かつボス部屋手前の細い道にはギガノトザウルスが待ち構えていて、間違いなく人間乗ってない恐竜は皆溶岩に落ちます。

そういう理由で、最深部のボスワープエリアに複数の恐竜を連れていきたければ単体で通路を掃除して安全になってから一匹一匹入ったところで待機させている恐竜を往復して連れてくるしか無いと思います


これで無理ならまた考えようということで難易度を0.2(シングルのデフォルト)に戻し、ブリーディングで一番鍛えたティラノサウルス単騎で行きました。
どうやっても追尾させている恐竜は落ちるので、難易度を低くしておけば、ティラノ単騎で殲滅して進ませるのが一番マシでした。



最後のボスは距離を取って逃げ回るので、ティラノで追わせつつサドルの上からショットガンで狙撃してダメージを与え続けました。

ラスボスは倒した3ボスの形態を取るんですが、ドラゴン形態が本気でやばかったです。本物と一緒で割合ダメージがあった感じで、ゴリゴリとティラノのHPが削られました。

クリアした時はティラノのHPが1割もなかったですが、無事クリアできました。しかし、公式サーバーでここまで至ろうとしたら、まず1年以上かかると思うのでソロでローカルで良かったと思います…



以下ネタバレ画像。







まぁ、みんな分かっていたよね、っていう感じですが。

タイトルがARK=方舟。すべて水が淡水。サブタイトルがSurvival Evolvedという時点で人工的に作られた大陸で生存競争(PvP)をさせられ、困難を乗り越えて最奥に至る人間を生み出すことが目的だろうなぁと発売当初から思ってましたが、大体当たりでした。

おそらく、ストーリー的にアイランドで生き抜き、最奥にたどり着いたサバイバーはさらに過酷な環境のである焦土に送り込まれ、同様にそこを生き抜いたサバイバーはさらに過酷なアベレーションという感じに種として進化されられ、そして次のDLCとストーリー続いているんじゃないかと思ってます。その進化させる目的まで分からないですが、いずれ次あたりのDLCで分かるんじゃないかと思ってます。


一番下のガンマ難易度をクリアしたことで、手に埋め込まれたインプラントが進化してレベル制限+5されました。