つれづれなる日記

主にSteam関連の面白い海外ゲーム紹介&プレイ中のゲームブログ

千年戦争アイギス 収集中に大討伐500達成。

千年戦争アイギスでは、まったく結晶割らない収集はこれほど楽だったのかと衝撃受けつつ、カリスマ余るので大討伐「逆襲の魔界蟻」をやりました。アルティアとジェローム居ても序盤のコストが厳しすぎてルイーズ抜いたんだけどそれでさっくり行けてびっくりでした。

最初は350辺りの赤蟻に薙ぎ払われて絶句しましたが、結局ここはアーニャ大接待マップと気付けば楽でした。アーニャ接待と言っても覚醒した上でスキル覚醒してないといけないですけど。赤蟻に合わせて前線でアーニャをスキル点火するとぴったり赤蟻を薙ぎ払えると気づいたら楽でした。ただし、かなりヒールとメイジかビショップの援護も必要ですが。

最後より序盤のうじゃうじゃ来る蟻を漏らさないようにするのと、赤蟻を越えるのが一番大変だったという今までとは少し違う変化球の大討伐でした。


しかし、シノの覚醒絵すら出ないのはどういうことだろう…と言いたいけど、運営は本気で走ったユーザーの人数によって性能を変えるつもりなんだなとある意味確信できます。ちょうどルイーズ大討伐から1年で、同じ絵師で、最初は大討伐で討伐数でルイーズみたいに性能を変化させようと考えていたけど、何らかの理由でやっぱりやめて収集にしてしまったような感じがします。

ここの運営のことだから、走る人多かったら低コストユニットにして「それ、ソルジャーでよくね?」な微妙にして、少なかったら高コストでそこそこの性能にして悔しがらせる気なんだろうなぁと。予想としてはぬらりひょん自体も遠距離してきたので、そこそこのコスト(25位?)で近接ユニット。スキル中のみ遠距離になる2ブロ同時攻撃ユニットと予想。
後は、あまりにも走るユーザー少なかったのでざまぁみろ案件として防御無視か貫通つけてきそう。まぁ、イナリもスキル覚醒したら2ブロ同時の防御無視攻撃するし…


しかし前回のヒバリは誰でも手に入った収集黒というには性能が良すぎてガチャメインの廃課金様から運営に相当な文句行ってそうで、今後はやっぱり性能控えめにしてきそうな気もするだけに、どうなるんでしょう。



そしてメメントちゃんがまた覚醒しました!

え? 違う…?